interviewインタビュー

石田 和大

「対応力」を磨き続けることで、
必要とされ続けるプロになる。

石田 和大営業部 企画制作課

石田 和大

仕事のやりがい

「石田さんならできます」の言葉に、
モチベーションが高まる。

私自身、ブンカの強みは対応力だと思っています。自身も仕事を行う上で軸にあるのがブンカで培った強み「対応力」です。
レスポンスの速さなどは当たり前。その上で、クライアントと密に関わって社風やルールを理解し、課題や目的に対して指示のない部分にまでこだわっています。そういった姿勢を見せるなかで自身の対応力が認められ、「相談があるんです」「石田さんならできます」といった言葉をいただけるのは嬉しいですね。
ときには難題に直面しますが、最善の解決策を導き出せば、それはお客様の満足度に直結します。
さらには、自身の経験値にもなり、成長を実感させてくれる瞬間でもあります。だからこそ、相談されたり頼られたりしたときは、モチベーションが高まりますね。

石田 和大

仕事の風景

仕事は、人と人のあいだを行き来する。だからこそ、コミュニケーションは基本中の基本。

仕事は、常に「人対人」で行っていくものです。受注から企画提案、納品まで一連の流れを担うこともありますが、一人でやれることには限界があります。
立場上、仕事の依頼や振り分けといった業務のなかで大切にしているのが、社内外問わず、コミュニケーションをしっかり取ること。些細なことでも疑問に残ることは必ず確認しますし、良いと思ったことは日常的に提案しています。
また、相手によって言い方や伝え方を変え、話しやすい雰囲気をつくるようにすることも心掛けています。新規から長く担当しているあるクライアントの場合、自分のスタンスを貫くことで信頼をいただけていますね。
初年度から売上が伸び、数字として成果が見えてきたとき、クライアントから認められていることを実感できるとともに、自分のスタンスが間違っていないと自信にも繋がっています。

石田 和大

今後の目標

自身の成長に繋がる経験値を常に求め、レベルアップしていく姿勢を忘れない。

現在の自分のキャパシティを広げ、デザインやハードの提案だけでなく企画全体のプランニングもできるようになりたい。
また、これまでの経験を活かして担当するクライアントの業界の幅も広げたいです。常に成長することでクライアントの想いに今以上に応え、会社に貢献していくことが、自身の望まれている姿であり、さらなるやりがいを感じられることにも繋がるからです。
そのためには、多くのことを学ぶ必要があると思っています。目の前にある仕事を行うにしても、学ぶ姿勢を忘れず、新たな分野にもチャレンジする精神を持ち、自身の経験値を増やしながら、徐々にキャパシティを広げていく。
今後も長く必要としてもらえるために、常に成長することを忘れず仕事に臨んでいきたいと思っています。